協賛金のご案内
同窓会は卒業生の入会金と協賛金のみで運営しております、母校と同窓会のより活発な活動のために皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
協賛金は随時受け付けております

≪振込先≫
郵便局 口座番号 02280-2-37486
加入者名 
  宮城県仙台向山高等学校同窓会

なお、郵便局の振込用紙をご使用の際は
通信欄に生年月日もしくは卒業年をご記入ください

仙台向山高校同窓会事務局


宮城県仙台向山高等学校内同窓会事務局

〒982-0832

仙台市太白区八木山緑町1番1号

TEL.022-262-4130

FAX.022-262-4133



会則

第1条(名称) 本会は宮城県仙台向山高等学校同窓会と称し、事務局を同校内におく。
第2条(会員) 本会の会員は次のとおりとする。
   正会員  宮城県仙台向山高等学校卒業者、または本校に籍を置いた者で役員会の認めた者。
   特別会員 現・旧職員および本会より推挙された者。
   但し、会員は身上に異動のあった場合は、その都度本会事務局に届出るものとする。
第3条(支部) 会員の多数在住する地域、または団体には支部を設けることができる。
第4条(目的) 本会は会員相互の親睦を図るとともに、母校の発展を助成し、あわせて在校生に対する激励を行うことを目的とする。
第5条(事業) 本会は前条の目的を達成するため次の事業を行う。
   1 会員名簿の作成
   2 会報の発行
   3 その他、本会の目的達成に必要な事項
第6条(役員) 本会に次の役員をおく。
   1 名誉会長  歴代会長を推戴する。
   2 顧  問  歴代校長を推戴する。
   3 役  員
     会  長  1名
     副 会 長  若干名(うち1名教頭)
     常任幹事  若干名
     会  計    2名(うち1名事務局)
     監  事  2名
     会長・副会長は総会に図り正会員より選出する。常任幹事、会計および監事は会員中より会長これを委嘱する。
   4 幹  事(同期世話役・代表世話役)
     同期世話役は毎年度卒業生の中から各組2名会長これを委嘱する。
     代表世話役は毎年度同期世話役の中から2名会長これを委嘱する。
   5 相 談 役  特別会員の中から必要に応じ会長これを委嘱する。
   6 参  与  現校長を推戴する。
   7 事 務 局  事務室長、総務部長、事務局長外
     学校職員より校長これを推薦し、会長これを委嘱する。
第7条(任期) 役員の任期は2ヶ年とする。但し再任を妨げない。
第8条(役員の任務) 会長は会務を統括し本会を代表する。副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはこれを代理する。常任幹事は本会の庶務その他諸般の会務を掌理する。会計は本会の会計を司る。監事は本会の会計を監査する。
第9条(総会) 本会は原則として毎年8月に定例総会を開き諸般の協議、ならびに報告を行う。また、役員会が必要と認めたときは臨時に総会を開くことができる。役員会は随時これを開き予算・決算その他重要な会務を審議する。
第10条(議事の成立) 総会および役員会の議事は出席会員の過半数で決し、可否同数のときは議長がこれを決する。
第11条(経費) 本会の経費は終身会費、入会金、その他をもってあてる。正会員は終身会費および入会金を拠出するものとする。但し終身会費は入学時より分納してこれにあてる。
第12 条(基本金) 本会の財政基盤を強固にするため基本金の制度を設ける。基本金には毎年の入会金をもってこれにあて、総会の決議により支出する。
第13条(会計年度) 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終る。
第14条(会則の改正) 本会則は総会の決議により改正することができる。
第15条(その他) 本会の運営について必要な事項は別に定める。

                                  附    則
1 本会則は昭和53年3月31日から施行する。
2 昭和58年8月20日一部改正
3 平成19年8月18日一部改正
4 平成20年8月 9日一部改正

慶弔内規

1 弔意
 (1) 正会員  弔電
 (2) 特別会員 弔電
 (3) 在校生  弔電
2 弔電は、同窓会長・校長の連名を原則とする。
3 その他特別の場合ついては、別途協議する。

    ※ 3については、歴代同窓会長等同窓会に特別の功労があった場合を想定する。