協賛金のご案内
同窓会は卒業生の入会金と協賛金のみで運営しております、母校と同窓会のより活発な活動のために皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
協賛金は随時受け付けております

≪振込先≫
郵便局 口座番号 02280-2-37486
加入者名 
  宮城県仙台向山高等学校同窓会

なお、郵便局の振込用紙をご使用の際は
通信欄に生年月日もしくは卒業年をご記入ください

仙台向山高校同窓会事務局


宮城県仙台向山高等学校内同窓会事務局

〒982-0832

仙台市太白区八木山緑町1番1号

TEL.022-262-4130

FAX.022-262-4133



Q1

Q.向山の卒業生の方とお会いした時に何回生と聞かれることがあるのですが、よくわかりません。

A.開校時から入学学年に順に数字を割り振り区別したものが入学回生です。昭和50年4月の入学生が第1回生で平成元年4月の入学生が第15回生です。同窓生同士の学年関係や年代などを知る上でよく使われますので憶えておきましょう。

Q2

Q.卒業する時にクラスで同窓会の役員を決めた憶えがあるのですが、その役員にはどのような役割があるのですか。

A.卒業時にクラスごと2名ずつ選出しているのが同期世話役です。同期世話役は卒業学年ごとに置かれており、同期会やクラス会、同窓会全体の活動において重要な役割を担っています。また、これら同期世話役から卒業学年全体の統括をお願いする代表世話役が2名選出されています。現在、同期世話役となった方には20歳までの2年間、同窓会総会への出席をお願いしています。(卒業してから最初の総会は高校生活の発表、その翌年は受付担当)。また、成人会員になってからも横のつながり、縦のつながりを維持するためご尽力いただいています。同期世話役の方は、同窓会総会への参加や同期生への連絡などに対するご協力をお願いいたします。また、会員の方々も同窓会活動へのご理解とご協力をお願いいたします。


Q3

Q.同窓会活動にはどのようなものがありますか。

A.同窓会行事として総会が毎年8月頃にありますが、これ以外に部活動毎に組織されているOB・OG会の活動や同期会、クラス会なども各年代で行われているという報告があります。また、同窓生という縁で様々な関わりが生まれ、その中で親睦の輪が広がっています。こうした個々の活動や関わりも大切にしながら同窓会活動を一層活発にしていきましょう。

Q4

Q.卒業してから引っ越しにより住所が変わった場合どうすればいいですか。また、結婚して姓が変わった場合どうすればいいですか。

A.同窓会では、会報や同窓会総会案内などの発送を会員に向けて行っています。その際の発送先は、卒業時に確認した住所と氏名になります。住所等に変更があった場合は、総会出欠返信はがき通信欄への変更事項の記入、または学校内事務局への直接の届け出をお願いいたします。現在、所在不明で会報発送が滞っている会員の方が多数おられます。会報が届いていないという会員の方が近くにいらっしゃいましたらお声がけ下さい。

Q5

Q.毎年、会報と一緒に振込用紙が同封されてきますが、これは何のためにあるのですか。

A.同窓会の協賛金の振込用紙です。協賛金は、任意の協力金ですが、同窓会の活動を継続的に運営し、母校の発展、在校生支援を行なう上で重要な収入源となっています。協賛金は随時受け付けております。会員の皆様の温かいご協力をお待ちしております。